患者さんとのコミュニケーション

患者さんと接するとき、みなさんはどういった姿勢でコミュニケーションをしようと心がけていますか。患者さんは、それぞれ不安や悩みを抱えている方も多いですから、看護師の姿勢によっては逆効果となってしまうこともありますから注意が必要です。接する際には、やはり患者さんにとってプラスとなるコミュニケーションを築きたいもの。患者さんとのコミュニケーションについて、悩んでいる看護師はたくさんいます。
まず、みなさんは人を喜ばせることは好きですか。患者さんと接していると、患者さんの「ありがとう」の言葉にやりがいを感じる方も多いと思います。患者さんと接する時は、喜ばせたいという姿勢で接していくことも大切です。そして、押し売りではなく、相手の立場に立って話を聞いていくことも重要です。患者さんの状態や環境というのはそれぞれ異なりますから、それぞれの立場に立って対応していくのがいいでしょう。もちろん、患者さんから聞いたプライベートな話は、秘密にすることが基本。プライバシーに関わることは、仲の良い看護師仲間でも話さないことがルールです。時には忙しい時に患者さんに話しかけられることもあると思いますが、こういった時イライラとして対応したり、無視をしていませんか。これでは、患者さんが不信感を抱いてしまいます。忙しい時には、「今手が離せないので、後でお話を聞きますね」と伝えれば、患者さんも理解してくれるでしょう。
患者さんと接する時は、どういった姿勢でコミュニケーションを取ろうとしているかが大切です。「聞いたふりをしていれば良いだろう」「にこにこしていれば良いだろう」と思って接している方もいると思いますが、こういった心のない対応は患者さんは見抜くはずですよ。
こちらをチェック《xn--dr-e73aodzi1c.com

Leave a Reply